香川県議会議員「まいだ晴彦」から配信
maichanx.exblog.jp

まいだ晴彦が活動報告と思いを配信します
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
外部リンク
検索
まいだ晴彦のツイッター
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『東大話法』に気をつけろ
日本人にまじないをかけ動けなくしているものに
『東大話法』がある
と東大の先生が指摘している。

安富歩(やすとみあゆむ)という教授だ。

「私たち東大関係者は、(『東大話法』を)用いて人々を自分の都合のよいように巧みに操作しています。」
この挑発的な指摘。

先生は、

原子力の『安全神話』を生み出したのもまさにこの話法であり、
日本人はこの話法に惑わされない力をつけない限り
『専門家』にだまされ続け、負のツケを払わされる。
東京大学で禄を食む者として、この『東大話法』の呪縛から日本人を解放する
ことが自分の使命だと
本を著している。

さて先生の言う『東大話法』とは何か?
耳を傾けてみませんか。

以下が安富先生が整理した
東京大学出身者がよく使う話し方の傾向だそうだ。

東大話法規則
その1 自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する。
その2 自分の立場の都合のよいように相手の話を解釈する。
その3 都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事をする。
その4 都合のよいことがない場合には、関係のない話をしてお茶を濁す。
その5 どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。
その6 自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱい批判する。
その7 その場で自分が立派な人だと思われることを言う。
その8 自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。
その9 「誤解を恐れずに言えば」と言って、嘘をつく。
その10 スケープゴート( )を侮辱することで、読者・聞き手を恫喝し、迎合的な態度を取らせる。
その11 相手の知識が自分より低いと見たら、なりふり構わず、自信満々で難しそうな概念を持ち出す。
その12 自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。
その13 自分の立場に沿って、都合のよい話を集める。
その14 羊頭狗肉。( )
その15 わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する。
その16 わけのわからない理屈を使って相手をケムにまき、自分の主張を正当化する。
その17 ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる。
その18 ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分の言いたいところに突然落とす。
その19 全体のバランスを常に考えて発言せよ。
その20 「もし○○○であるとしたら、お詫びします」と言って、謝罪したフリで切り抜ける。


さあ、先生の分析、どうでした?当たっていました?思い当たるふしがありました?

この指摘が当たっているとしたなら
私たち庶民が身につけるべき態度は、

まず疑ってかかる、わからないことをわかったふりをしない
ということでしょうか。
[PR]
by maichanx | 2012-04-26 08:27