香川県議会議員「まいだ晴彦」から配信
maichanx.exblog.jp

まいだ晴彦が活動報告と思いを配信します
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
外部リンク
検索
まいだ晴彦のツイッター
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
私は談合の結論を認めたくない!だから行動を起こします! ご一緒しませんか!! まいちゃん通信第230号
いよいよ今日、13時間演説に挑戦
午前7時から
丸亀駅前にて


「決められる政治」とは国民の声を無視することではない!

消費税倍増の談合が成立しました。
国語辞典で『談合』を引くと、
「話し合いをすること。相談。」とありました。
意外じゃありません?
「談合ってそんな悪いことじゃなかったんだ」って。
それがいつの間にか真っ黒いイメージを植えつけられて、
この言葉自身も「心外だ」って憤っていたのかもしれません。

本来は意見を調整するのに必要な行為であるにもかかわらず、
マイナスのイメージをもたれるようになったのはなぜか。
密室で、議論の経過が見えず、
最初言ってたことと出された結論とがあまりにもかけ離れてしまって合理的な理由が説明できないことに、人々が「納得いかない」という思いが募るからではないでしょうか。

「一体改革」と言いながら、
増税だけ決めて私たちが安心できるような社会保障制度の改革は先送りしてさっぱり見えない、
「書いてあることは命がけで実行する、書いてないことはやらない」と言っていた総理が09年のマニフェストで書いてあったことをどんどんひっこめ、書いてなかった消費税の増税を反対派と手を組んでやる、
これが圧倒的な数を誇る国会議員の常識なんでしょうか、
どう考えても納得がいきません。

でも、私たちは今こんな道理に合わないことを、
国会議員の約9割を占める政党から突き付けられています。
明らかに私たちの選んだ意思を逸脱しています。
不正常です。
不正常な時に「違ってるぞ」と正さないと私たちは主権者じゃなくなってしまいます。
だから私は闘います。
主権者であり続けたいみなさん、一緒に声を上げませんか!
[PR]
by maichanx | 2012-06-18 05:31 | まいちゃん通信
13時間演説実施します
★予告

消費税の引き上げが風雲急を告げています。
そこで、
まいだ晴彦は
6月18日(月)午前7時から
丸亀駅前で
抗議の13時間演説を実施します。

なぜ、13時間かというと、
野田首相が一か所で行った最長の演説時間12時間を超えたいからです。

ああ言えばこう言う、
次から次へと言葉が出てくる総理。
ドジョウ演説は人々をひきつけたましたが、
今は人々の心をとらえません。
何のために弁舌を磨いたのでしょう?!
人々を煙に巻くため
人々を欺くためだったのでしょうか。

私はみんなと一緒に
政治を変える、動かしていく
人々が自ら動こうと奮い立つような
演説を身につけたいと思います。
[PR]
by maichanx | 2012-06-12 05:52
命をかける賭けごとはもう止めませんか! まいちゃん通信229号
責任持てないものを「責任を持つ」なんて言うな!!!

「国民生活を守るため」大飯原子力発電所の再稼働を総理が決定するという。
えーーーー。

誰も100%事故は起きない、放射能の拡散は絶対に起こり得ないとは思ってない。
科学者も断言できないと言ってる。
福井県知事も責任回避だ。
それを総理に押し付けて『政治判断』で動かすという。
恐ろし恐ろし。
この国の指導層の頭の中はどうなっているのか。
いつまで私たち日本人はこんな命がけの賭けごとに付き合わされなければならないのか。

「再稼働に責任を持つ」という。
どうしてこんな無責任なことが言えるのだろうか、私にはどうしても理解できない。
「起こりっこない」と高をくくっているとしか言いようがない。
100%事故は起きないとは言えないんでしょ。
事故が起きて放射能が拡散して命が失われた、
そのときどう責任を取るというのか、
取れないでしょ。
カネで済ませればいいとでも考えているのでしょうか。
責任の取れないものをあたかも取れるかのように言う。
安心できないものをできるかのように言いくるめておいて、事故が起きたら責任逃れ。
今たっぷりその姿を見せられているじゃありませんか。
どこに福島の事故から学ぼうとする姿勢があるんでしょうか。
事故が起きる前と後でなんにも変っていない。
万が一が起こったら責任の取りようがないから、責任を持てないことは回避をするというのが本当の政治責任の果たしかたではないのか!?

私たち国民一人ひとりも将来への責任が問われている。
無責任な方策が示されているにもかかわらずそれをやり過ごして許してしまったら、
次代を担う子どもたちになんと申し開きをするのか!?
無責任な決定を止めさせ、原発なしでこの夏を乗り切る方策を提示させそれに最大限協力していく、
新たなエネルギー社会をつくる私たち大人のの覚悟が問われている。
[PR]
by maichanx | 2012-06-11 05:53 | まいちゃん通信