香川県議会議員「まいだ晴彦」から配信
maichanx.exblog.jp

まいだ晴彦が活動報告と思いを配信します
外部リンク
検索
まいだ晴彦のツイッター
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
わたしの頭の中の怪獣
e0152208_18311089.jpg


これ何だと思います?

私の頭の中に棲みついていた ダニ
だそうです。

中央の細長いのがそれです。
先端の口と8本の足が勢いよく動いていました。
怪獣そのものでした。

頭皮を見てくれるというので診断を受けたらいました。

こんなのがいっぱいいるんだそうです。

愕然としました。
[PR]
by maichanx | 2011-11-29 22:00 | 生活
金持ちから税金を  まいちゃん通信202号
消費税引上げの論議をする前に
金持ちから税金を
 
 東京電力の社長の報酬が7200万円、多くの人を驚ろかせました。国によって守られた言わば『官制企業』なんですから、「国家公務員並み」と勝手に想像していたら、国家公務員はおろか総理大臣の報酬よりも多いというのですから、空いた口がふさがらないというのが普通の感覚でしょう。
 さて、サラリーマンの給料が下がり続けるなかで、この東電の社長と同じような年収5000万円以上の報酬を得ている人が5万人、10年前の3倍、億万長者が増えていると言うではありませんか。こういうショッキングでどうにも納得いかない現実を、元大蔵官僚の武田知弘さんという方が確定申告の統計数字を用いて明らかにしてくれています。
 年収5000万円以上ということは、数年で億単位の資産を築けるので「億万長者」というわけです。下の表を見てください。

10年間の年収5000万円以上の会社員の申告状況
年  1999 2000 2001 2002 2003  2004  2005 2006  2007 2008
人数 8070 12133 13149 12468 12165 14566 16594 21270 1981719982
総額 6227 9522 11039 10309 10510 12449 14137 18687 1782217010
(単位人数は人、総額は億円)国税庁・源泉徴収申告事績より
出典:『週刊金曜日』2011年11月18日号

ここに掲出したのは会社員だけの数字ですが、これ以外に年収5000万円以上の個人事業者が、1999年574人から2008年に7589人と13倍、申告の必要のない個人投資家も少なく見積もっても3倍以上、よって5万人はいるというのです。

 これまで、「金持ちが景気を引っ張る」という主張がされてきました。でも現実は逆でした。金持ちは収入が増えても消費しない、庶民は収入が減ってモノが買えない、だから景気が冷え込んでいるというのが正しい分析じゃないでしょうか。そこに消費税増税、違うんじゃないでしょうか!
 
 金持ちに課税をして所得の再分配を図ることが先です!!
[PR]
by maichanx | 2011-11-28 06:00 | まいちゃん通信
天高く 子どもはしゃぐ秋
e0152208_18124990.jpg

労働組合の連合のミカン狩りがありました。
場所は五色台。
瀬戸の島々がくっきりすっきり
最高の天気でした。
掲げるこぶしに力が入って目が輝く
子どもたちとのじゃんけん大会。
愉快なひと時を過ごさせていただきました。

e0152208_18135941.jpg

e0152208_18133624.jpg
[PR]
by maichanx | 2011-11-26 22:00 | 地域情報
組合が教えてくれたもの
出身の丸亀市役所と善通寺市役所の職員組合で定期大会が開かれました。
あいさつの機会をいただきましたので、
私が組合活動で得たものについて話させていただきました。
e0152208_17591774.jpg

私が組合活動で得たもの、財産
それは







人間は弱いものだし、弱くて当たり前という人間観

それと

歴史を動かすのは個人ではなく、その時代その時代を生きる人々の全体的な意識と行動で動いていくのだという見方ができるようになったこと
です。

続きを読む
[PR]
by maichanx | 2011-11-25 22:00 | 労働
憲法とは人権を守るための法 今年の憲法講座始まる
目からうろこの憲法講座

憲法とは人権を守るための法
 人々に義務を課すものではない!!


護憲連合香川の今年の憲法講座が始まりました。
4回シリーズの第1回のテーマは「憲法と人権」
高松大学准教授の金子匡良(まさよし)さんのお話でした。
あらためて憲法と人権について認識を深めるいい機会となった。

先生のお話のキモの部分を紹介します。

そもそも人権とは何か?
人々は『人権』に対していろいろなイメージを持つ。
ある人は『やさしさ』であったり、『思いやりである』と解している。
またある人は『法律で決められた権利」だと解している。
一方で『人権』をわがままや身勝手を許す元となっているとマイナスのイメージでとらえる人もいる。
辞書を引くと、「人間が生まれながらにして持っている権利」とある。
言いかえると、人間扱いをされるということだ。
人間扱いされるためには、
 ①生きることが保障され、
 ②社会のルールの決定に口出す権利(参政権)があり、
 ③自由で
 ④平等な取扱いを受ける
以上のことが保障されなければならない。

でも、
「そんなものフィクションにすぎない。人間は不自由で平等じゃないのが現実じゃないか。人間の本能、人間社会はそんなきれいごとじゃ通用しない」
こう言う人もいるだろう。
そう、フィクションと言えばフィクションだ。
でも、「そういうものがあると信じようじゃないか
と尊重するようにしたのが人権であり、それを確認したのが憲法だ。

憲法に「義務を書け」という主張がある。
でもそれは憲法じゃない!


本能によって、権力によって踏みにじられる恐れがあるからこそそれを排除することを定めたのが憲法だ。

だから、人間が不断に守ろうとする意志を持ち続けない限り、常にフィクションは崩れ去る恐れがある。
[PR]
by maichanx | 2011-11-23 22:00
伊方再稼働の是非についての市町の意見
四国新聞が11月14日、
伊方原発の再稼働問題について、
各市町にアンケート調査を行ったとして
結果を報道している。

大半が「賛成」という結果だと伝えているが、

誰が、どれだけの情報を素にして答えたのか?
現状認識について、どれだけ共通の認識にあるのかわからないまま(そのほうが好都合なのかもわからないが)考えを聞くという乱暴さ。

こうした態度でどうして、将来にわたるエネルギー政策について
国民的な議論をしようと呼びかけができるというのだろうか。

"社会の木鐸”としての責任感を持って報道してほしい。

新聞記事は以下
[PR]
by maichanx | 2011-11-22 16:46 | エネルギー政策
多度津高校ウォーターボーイズ2011
寒さに震えながらの熱演
行けなかった方、見れなかった方
動画でお楽しみください。




[PR]
by maichanx | 2011-11-22 13:32 | 地域情報
衝撃の告白 真相究明を
レスキュー隊員内部被爆で死亡

「10月26日に私の大阪の友達が亡くなったのですけれども、
災害派遣で、レスキューで、岩手とか福島とか、
ずっと行っていた方なのですけれども、
7月に内部被曝だということが分かって、
チームの人はみんな内部被曝していたのですけれども、
それでも派遣の出動命令が止まなくて、
レスキューの人たちって、過酷な訓練を受けて、
人よりも何倍も、人のために何かをしたいと思ってなった人なので、
自分たちが被曝していても行ったのですけれども、
結局、本当に体の体調が悪くて、もうこれ以上無理と分かって、
チームの人たち、みんな辞職してしまったのですけれども、
そのときも上の方からは非国民扱いされて、辞めたのですけれども、
7月にそのことが分かってから、本当に3ヶ月ちょっとで、
何度も吐血して、最後には腎不全で亡くなった…」

札幌で行われた集会の中で
小学生のお子さんをお持ちの女性が衝撃の発言。

真実だとは思いますが、彼女からしっかり情報を聞いて
真偽を明らかにして、世間に明らかにすべきことだ。


[PR]
by maichanx | 2011-11-21 06:00 | エネルギー政策
まいちゃん通信201号 今週の主張
命を取引き せんといて
労働者派遣法改正案で
民主党が方針を変更して
製造業への禁止をやめる
 
 「労働者派遣法改正案大幅修正、製造業原則禁止せず」、目を疑いました。先週火曜日の新聞です。労働者派遣法の改正は雇用の安定を取り戻す肝です。人間をモノ扱いするこの法律の誕生以来、どれだけの人が人間としての尊厳を踏みにじられ、悔し涙にくれてきたことでしょうか。
 
 それを製造業への派遣を今後も認める、仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ登録型派遣も禁止しないだなんて!この二つをはずして何の意味があるというのか?これまでの議論はなんだったのか、怒りがこみ上げてきます。民主党はほんとどうかしてる。
 
 保存のきかない労働力という商品を売るしかない人間に、「必要なときだけ雇ってやる。仕事のない日は自分で他を当たってくれ。仕事が見つけられないのは自分の甲斐性がないからだ。しょうがないじゃないか。」こうした主張を当たり前の世の中にするのかどうかが問われています。
 
 年越し派遣村に象徴的に現れたように、突然路頭に放り出され、命が危険にさらされることを見聞きしてきたものとして、譲れない一線であったはずです。それを、魂を抜いて、自民党・公明党が認めるような内容にするなんて。改正する意味がない!
 
 「国民の生活が第一」の精神はどこに行った?!!

新聞記事
[PR]
by maichanx | 2011-11-20 05:00 | 労働
福島集団疎開訴訟に注目しています
福島郡山市の小中学生14名が郡山市を相手に集団疎開を求める裁判を起こしています。
3月の事故から8月末までの放射能の積算値が
7.8~17.2ミリシーベルト
に達するような環境で教育を受けており、
チェルノブイリ事故の際の強制移住地域に該当が2校、移住権がある地域に該当が4校
だそうです。
判決は目前だそうです。
ぜひ注目してください。
ヤマモト太郎さんも支援しています。


[PR]
by maichanx | 2011-11-19 21:00 | エネルギー政策