香川県議会議員「まいだ晴彦」から配信
maichanx.exblog.jp

まいだ晴彦が活動報告と思いを配信します
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
検索
まいだ晴彦のツイッター
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:まいちゃん通信( 37 )
「多数決より多数の力やで」 まいちゃん通信253号
三豊市の瀬戸内海に突き出た半島、庄内半島に、ばくち山という山がある。
ばくち?ちょっと『博打』を連想させる名前だが、
「博智山」と書く。
由来は定かではないそうだが、
今、子どもの頃遊び場として駆けまわった人たちが、
遊び心満載で登山道を整備しようとボランティアで取り組んでいる。
そこに先日参加させてもらった。

登山道に勝手に(あ、失礼)、
「招運坂」「勝運坂」と縁起のよい名前を付け、
手書きの看板を設置したりして、「勝負事の聖地」にと、もくろんでいるようだ。
とにかくみんなが活動を楽しんでる。
作業の道具もみんなが持ち寄り。
ユンボを提供する人、チェーンソー、取っ手の長い鎌、草刈り機、りっぱな道具が揃うこと揃うこと。
その場所である方がこう言った「まいださん、多数決より多数の力やで」
なんという名言、その時感じた。

自分を必要としてくれる呼びかけにはみんな意気に感じて協力してくれる。
鹿児島の『やねだん』の豊重哲郎さんも「人は感動したら動く」と語っていた。
今の政治に欠けているのはこの姿勢じゃないのか!
多数決で力づくで押し切っても感動や納得は生まれやしない。
合意形成する努力の先に人は協力し決めたことに責任を持とうとするのではないだろうか。

標高は237メートルのばくち山。
冬の透き通った空気のなかで見る瀬戸内海の眺望はすばらしいことうけあい。一度訪れてみたら。
[PR]
by maichanx | 2012-11-26 12:27 | まいちゃん通信
キーワードは "庶民"
給料は下がり続けている、
正規の働き口がない、
この時期に
消費税を上げる、年金を切り下げる、高齢者の医療費負担を引き上げる、
「被災地の復興のため」と所得税・住民税を引き上げておいて被災地以外にお金を使う、
一方で富裕層の減税はそのまま据え置き、
法人税は引き下げ。


私には考えられない!
あきらかに私の感覚と違う。
私の感覚がおかしいんでしょうか?!
みなさんの感覚とは?

でも今の国会議員の圧倒的な数の人たちが決めたこと。
このことが問われなければならない。
認められないのなら認められないと意思表示するしかない。

私は認められないから闘う。
私とは感覚の違う人たちによって国会が占められている現実をくつがえすために闘う。
庶民の代表などほとんどいない現実を変えるために闘う。
流れを変えるために闘う。
[PR]
by maichanx | 2012-11-19 09:47 | まいちゃん通信
若者に 『正規』雇用を
全国の保育所の86%に非正規雇用の保育士がいて、
非正規の割合が45.6%、
公立の保育所においては半数以上が非正規である

保育所の全国団体の調査結果を新聞が報じています。

誰も驚かないのではないでしょうか。

どこの職場でも同じような実態ですから、
「何を今さら…」とほとんどの方がお感じなのでは。

でも、遅いかもしれないけれど、
非正規雇用を問題視する空気をつくってくれるのはありがたいともお感じじゃないでしょうか。

新聞は、
保護者のニーズが多様化したから短時間のパートが増えたんだとその背景について述べているが、
この分析は一部分しか見ていません。
正規職員とほとんど同じ業務を強いられ、
クラスまで持たなければならない状況にまであることをわかっていません。
ただただ、人件費を抑えるために正規職員を非正規に置き換えただけ。
これが真実じゃないでしょうか。
こんなんで、若い人たちが豊かさを実感できるでしょうか。
将来に希望を持つことができるでしょうか。
増えた消費税を納める余裕があるでしょうか。

まったく若者の実態がわかっていない
と怒りの声が聞こえてきます。

それにしても、
全国で14%、1割を超える保育所では正規の保育士だけで頑張っているところがあることのほうが驚きです。どんな考えと方法で運営しているのか、是非知りたいものです。
[PR]
by maichanx | 2012-11-12 00:58 | まいちゃん通信
『第3極』? だましちゃいけない! 第1極の別働隊じゃない!
橋下さんや石原さんの動きが
『第3極』
として“注目を浴びて”います。
というよりマスコミが一緒になって意識的に“浴びせている”
作っているとしか思えないのですが、
みなさんはどんなふうに見ていらっしゃいますか。

「ホントに『第3極』なん?」って思いません?

主権者である国民が政党に託すのは、政策じゃありませんか、そうでしょ。
一つひとつの政策によって自分の生活がどうなるのかが関心ごとのはずです。

なのに、
マニフェストで掲げた政策を次から次へとかなぐり捨てたり党内で政策が一致してなかったり。
主張する政策に違いがないのに反対を叫んだり手を結んだり。
こうして国民を「わけわかんない」状態にして煙に巻いているだけじゃない。

対立を装いながら結局1極の意思が通っていっている。
石原さんが言った「原発や消費税はささいな問題」
は実は彼らの本音を表しているんじゃないでしょうか。
違いがあるように見せかけているが、
後でいかようにも理由をつけて変えられるとでも考えているのではないでしょうか。

今私たち庶民にとって必要なのは、
第3極ではなくて対極をつくることです。
税金をどの層から集めるのか、
ほんとに脱原発をめざすのかどうか、
国内産業を本気で守るのか、
田舎を蘇らせる気があるのかどうか、
という点で大企業や資産家の立場と私たち庶民の立場で大きく意見を異にしています。
『第3極』も結局前者の立場に立つ勢力でしかないんじゃないでしょうか。

圧倒的に劣勢に立たされた庶民の立場に立つ政治勢力を立て直すことが今の日本に必要なことです。

庶民の極をつくろう!!

[PR]
by maichanx | 2012-11-05 00:20 | まいちゃん通信
勘違いしちゃならない!放射能の拡散予測
原子力規制委員会が、
全国の原発16か所で、
福島第1原発と同じような事故が起きた場合の放射能の拡散を予測した地図を発表した。

多くの報道機関が、
対策重点区域の目安である半径30キロを超える地域まで拡散する予測になっていることに注目している。
問題はそこじゃない! と言いたい。

一旦発表したらこの地図がひとり歩きする、
予測の外にある者は気を緩めてしまう、それが問題だ。

この予測はあくまで、
浴びた放射線量が100ミリシーベルトを超えるとがんで死亡するリスクが線量に比例して上がるので、
できるだけ早く避難させる必要があると国が線引きした区域というだけの話だ。
事故がおきて1週間の被ばく線量が100ミリシーベルトを超える地域というだけだ。

放射能はもっと広くに拡散されるのに、
いつの間にかこの図だけが皆の頭に刷り込まれて感覚が麻痺させられる。
この国が線引きした人一人が1年間に浴びていい放射線量は1ミリシーベルトだったはずだ。

発表するのなら、
この基準をクリアーできるかどうかの地図を示すべきではないのか。
これ以上の被ばくは許さないという国の決意を示すべきだ。
この発表は、1週間のうちに100ミリシーベルト圏から逃げれる計画を立てたら
原発の再稼働を認めますよと言ってるに等しいものだ。

あなたはこの提案を認められますか?!
[PR]
by maichanx | 2012-10-29 00:01 | まいちゃん通信
どうして困った人をほおっておくのですか まいちゃん通信248号
震災復興財源の使い道
震災復興財源が、
震災と関係があるとは思えないところに使われていると報道されている。
法律の中に
「日本の再生」
という文言を入れるだけで、
何にでも使えるということのようだ。
これまで予算が付けられなかったところに
これ幸いと使っているという構図だ。
いまだに気仙沼の港の防波堤の修復は取りかかられていないというのに。

そうかと思うと、
こんなところに着目したツイッターの発信があったのでチェック。
「民主党岡田氏は、当時ラジオの生放送で、
『お金が掛かるから福島の子供の避難の支援ができない』と。
日本は原発事故後に(子供を疎開させずに)米国債を12兆円も買い増し」

というつぶやきです。
どういうことかと思って紹介先をたどっていくと、
財務省のホームページにたどり着く。
そこには毎月ごとの日本の外貨の準備高が載っている。
その数字を拾ってみると、
震災直後の平成23年3月末の我が国の外貨準備高が、1,116,025百万ドル、
それが   平成24年9月末には               1,277,000百万ドルに。
いくら増えてるかというと                      160,975百万ドル。
わかりにくい!
書き換えると1600億㌦だ。
日本円に直して12兆円ということにある

12兆円?こんな買い増しする金がどこにあるのか!?

庶民には知る由もない。
不可解なことだらけだ。
権力をチェックする機能の衰えを痛感する。
権力をチェックするというのは議会の一番の役割ではないか。
国会議員は猛省すべきだ。
[PR]
by maichanx | 2012-10-22 10:29 | まいちゃん通信
残された135枚の戦争ポスター まいちゃん通信247号

長野県の阿智村に
戦時中に貼られていた戦争ポスターが残されていた。
他ではなかなか、お目にかかれないモノだそうだ。
それはなぜか?
降伏からわずか6日後の1945年8月21日に、
当時の政府がGHQの検閲を恐れ慌てて焼却命令を出したから、
全国的に残っていない。

人々を戦争へと駆り立てた証拠を隠滅したってわけだ。
当時の阿智村の村長さんが蔵の梁の上に隠してポスターを残していた。
e0152208_14511411.jpg
e0152208_14514256.jpg
e0152208_145266.jpg

国の命令に背いてまでポスターを残した村長の思いとは何だったのか。

村長さんは、多くの若者を戦地へと送り出し、その多くが帰らぬ人となった。
ご自身も長男が中国で戦死し、次男も戦地で重い病気を患って帰郷後に亡くしている。
その口惜しい思いが日記につづられていた。

「公的には実に死所(死に場所)を得たしだい。
だが骨肉の情は耐えられない。
もっと大切にしてやればよかった」
「再び取り返しのつかない体にしてしまった。惜しいことをした」と。


戦争から戻った残された三男にだけこのポスターのありかを伝えていた。
このポスターの存在を世に明らかにした三男は
「これを見て反省というか、戦争は二度としちゃいかんということを言いたかったと思う」
とテレビの前でしみじみと語っておられた。

さて、私たちの『二度と戦争しない』という決意は?
[PR]
by maichanx | 2012-10-15 14:53 | まいちゃん通信
命より会議をスムーズに進めることが大事なんて… まいちゃん通信246号
福島の原子力発電所でバラまかれた放射能の影響はないか、
福島では全県民に健康調査が行われました。
その調査結果を分析するため、
有識者による「検討委員会」なるものが設けられていました。
その「検討委員会」がなんと
事前に委員それぞれが
どういう意見を持っているかすり合わせする会議を、
秘密裏に
持っていたことが明らかになりました。

このことは、何を意味するのでしょうか?
何のために秘密にするのか、
県民の間からは大きな不信の声が上がっています。
これに対して県は、
本番の会議で「会議をスムーズにすすめるため」だったと答えました。
みなさんはどう思いますか?
そもそも何のための会議か、
それは県民の命を守るためではないのでしょうか。
結果がどう出ようと
県民の利益のために議論を尽くす、
だから、
会議が混乱するぐらいけんけん諤々の議論が出されたっていいようなものです。
それを「スムーズに」とはどういうことでしょうか!
事なかれ主義と言うか、もっと別の意図があると勘ぐられても仕方ありません。
それは何か?
「被害を小さくするため」じゃないかということです。
検査で甲状腺がんが見つかった子ども。
その原因をこの検討委員会は
「今回の放射能の影響でない」と断言したそうです。その根拠は、
「チェルノブイリで甲状腺がんが多く見つかったのは4年後」だからだそうです。
なんで断言できるのでしょうか?

「国民の命よりも…」の姿勢が鮮明になった出来事でした。

こんな行政政治の姿勢をただすために頑張らねば。
[PR]
by maichanx | 2012-10-09 05:41 | まいちゃん通信
信頼 まいちゃん通信245号
原発事故によって拡散した放射能に汚染された廃棄物の処分をめぐって、
処分場の候補地から反対の声が起こっている。
建設を中断していた大間のまぐろで有名な大間原子力発電所の建設再開を認めたことにも
対岸の函館から反発が起きている。

どちらも根底にあるのは、
政府の言うことを信用できないということではないか。

これまで1㌔あたり100ベクレルを超えたら汚染物として取り扱っていたのに、
事故が起きた途端に80倍の8000ベクレルに基準を緩める。
「じゃあ、これまでの基準は何だったのか」
不信を持つのは当然です。
「原発ゼロを2030年代に達成する」といったん打ち出しながら、
その一方で寿命30年の原発を今から建設をする、
「これって2040年代まで原発を動かすってことでしょ」。
どこに整合性があるのか!
これでどうやって政府の言うことを信用しろと言うのか?!

国民との間でさえ信頼関係を築いていこうという意思と態度が見えないなかで、
まして対外的に信頼関係を築いていけるのか。
信頼を軸に置かない政治外交姿勢に危機を感じる。
[PR]
by maichanx | 2012-10-01 08:37 | まいちゃん通信
アメリカに言われて“原発ゼロ”を決められない野田内閣ってどうなの?! まいちゃん通信244号
 「決められる政治」と胸を張る野田首相が、
自らが公言した「2030年代に原発稼働ゼロ」すら決められない。
閣議決定を見送った。
何が「決められる政治」だ!

どこかから圧力がかかったと想像していたが、
何とアメリカから「閣議決定は見送れ」という要求がありその圧力に屈した
ということが、
東京新聞の取材で明らかになった。

国民に意見を聴きながらようやく漕ぎつけた「原発ゼロ」の方向性を、
アメリカに言われたらあっさりと文言を削ってしまう、
どこの国の総理か。
どこに総理が良く使う『覚悟』があるのか!

交渉の中では、アメリカの「国益」に反すると何度も言われたという。
放射能汚染の影響により
今でも十六万人の避難民が故郷に戻れず、
農業や漁業への影響も計り知れないのに。

多くの国民の切実な思いよりもアメリカの「国益」の方が重いという対処。

オスプレイの配備もそう。
文句も言えない、
何もかもアメリカの言いなり。
これってもう「属国」でないの?!
『緊密な日米関係』の意味するものってこういうことなの?

自分の国の方針を自分たちで決められない、こんな状況を何とかしましょうよ!
[PR]
by maichanx | 2012-09-24 16:47 | まいちゃん通信