香川県議会議員「まいだ晴彦」から配信
maichanx.exblog.jp

まいだ晴彦が活動報告と思いを配信します
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
検索
まいだ晴彦のツイッター
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:労働( 8 )
正規職員に、正社員に 
この間、郵政関係の方のお葬式に出ていたときのことだ。
久しぶりに顔を合わせた元郵便局のOBの方々が、近況を報告しあっている。
つい最近まで管理者を務めてこられた者同士が
「最近の若いんは優秀なんが多いで」
「そうやのー」
「はよ非正規から正規にしてやらなかわいそうなわ」
「ほんだけど、いっぺん正規化の門戸を広げた時あったけど今はまた狭うなっとるやん、なかなか難しいんやろのー」
「そーじゃがな。ほんだけどもったいないで。優秀な能力が生かされんのじゃから」

郵政の職場だけじゃなく、どこでもみんながそう思ってる。
なのになぜそれが実現しないのでしょ。

イス取りゲームのようにどんどんイスが減らされ、イス減らし競争が企業間で行われている。
イス減らし競争を止める強制力を働かせないと。

みんながそう思っているんだから、その想いを形に。
[PR]
by maichanx | 2012-11-07 00:30 | 労働
こんなこと許されるン!? 許していいの?! ちょっと聞いて!
「経験年数に応じて時給を上げる制度なのに
市の都合で異動しといて 「その期間は経験年数に含めません」なんてある?!」

公平公正を旨とする市行政において
まさか?
の話が飛び込んできました。

大きな賃金待遇の差別を受けながらも、
グッと呑みこんで働いている臨時職員。
この臨時職員のささやかな期待さえ簡単に裏切る話です。

経験年数に応じて時給がわずかながら上がっていく制度
になっているにもかかわらず、
年数が満ちたから当然上がると思っていたが上がらない。
不思議に思って訴えると、
「あなたはここからここまでの間、市の直接雇用の場ではいませんでしたからこの間の年数はカウントしません」
との答が返ってきたんだそうです。
本人は納得いきません。
「市の都合で市が委託している職場に異動させられた。
そして今度また市の都合で市の管轄の職場に戻された。
でも一貫して市が責任もって対応してきたからこそ、
また戻したんでしょ。
当然継続してるじゃないですか。
それなのに…」

みなさんはどう思われます?
こんな対応が行政への不信、
公務員への批判を拡大させているというのが
この市の管理者はわからないのでしょうか?!

この理不尽な対応に、
紛争解決のための労働機関への訴えを用意しているそうです。
頑張れ!応援するで!!
[PR]
by maichanx | 2012-09-23 00:22 | 労働
こんな働かされ方が許されていいのか
労働現場を取材し続けてきた
ジャーナリストの竹信三恵子さんが最近出した
『ルポ賃金差別』(ちくま新書)という本を読んだ。
そこには、
私の想像を超えるすさまじい雇用破壊、雇用差別の現状が記されていた。
ひとつ紹介する。

千葉に昨年オープンしたホテル。
従業員150人のうち、正社員は社長とナンバー2だけ。
支配人以下は、全員が1年契約、半年契約、3カ月契約のパートか契約社員。
社長は「雇われ社長」。
一年契約の支配人は月給40万円。ところが、突然の「降格」で賃金60%カット。
また、150人の総務・経理を一手に引き受ける女性社員は、時給900円のパート。
その彼女も1年6カ月で首。

40万円の60%カットって言うと16万円? エーー、という実態でしょ。

私はこれを放置して日本に未来はないと思う。
[PR]
by maichanx | 2012-05-04 10:12 | 労働
差別について考える
世の中では、明らかに差別的な取扱いをしているにもかかわらず
それを差別と呼ばさない風潮が強まっている。
違う言葉に置き換えて
差別ではないと言い張る。

あらためて差別とはなにか?

まず学術的に「現代社会福祉辞典」で引いてみると、
「人々が他者に対してある社会的カテゴリーをあてはめることで他者の具体的生それ自体を理解する回路を遮断し、他者を忌避・排除する具体的な行為の総体。歪められたカテゴリーを無批判に受容すること」/span>b>
とあった。

わけわかんない。

平たい言葉で言うと、

ある何かに当てはまったら、その時点でもうその人の具体的能力や個性は考えず、評価することもせず、遠ざけ排除すること。

ということでしょうか?

新しい雇い方を勝手に生みだし、
まったく同じ仕事をしているにもかかわらず、雇われ方が違うだけで、評価することをせず、
正社員とまったく違った取り扱いをする。

これを差別と言わずして何を差別というのか。
雇用差別という暗雲が日本社会を勢いのないものにしている。
タワーズぺリンというコンサルティング会社が
仕事に対する意欲を問う国際アンケート調査を行っているが、

「仕事に対して非常に意欲的」と答えた日本人、わずか2%。
調査16か国中最低
だったという。

雇用差別が人々の能力発揮を阻害している。
[PR]
by maichanx | 2012-05-02 12:10 | 労働
あらたな身分制度を撤廃しよう!
第83回メーデー中讃西地区集会に出席してごあいさつさせていただきました。


[PR]
by maichanx | 2012-05-01 20:47 | 労働
組合が教えてくれたもの
出身の丸亀市役所と善通寺市役所の職員組合で定期大会が開かれました。
あいさつの機会をいただきましたので、
私が組合活動で得たものについて話させていただきました。
e0152208_17591774.jpg

私が組合活動で得たもの、財産
それは







人間は弱いものだし、弱くて当たり前という人間観

それと

歴史を動かすのは個人ではなく、その時代その時代を生きる人々の全体的な意識と行動で動いていくのだという見方ができるようになったこと
です。

続きを読む
[PR]
by maichanx | 2011-11-25 22:00 | 労働
まいちゃん通信201号 今週の主張
命を取引き せんといて
労働者派遣法改正案で
民主党が方針を変更して
製造業への禁止をやめる
 
 「労働者派遣法改正案大幅修正、製造業原則禁止せず」、目を疑いました。先週火曜日の新聞です。労働者派遣法の改正は雇用の安定を取り戻す肝です。人間をモノ扱いするこの法律の誕生以来、どれだけの人が人間としての尊厳を踏みにじられ、悔し涙にくれてきたことでしょうか。
 
 それを製造業への派遣を今後も認める、仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ登録型派遣も禁止しないだなんて!この二つをはずして何の意味があるというのか?これまでの議論はなんだったのか、怒りがこみ上げてきます。民主党はほんとどうかしてる。
 
 保存のきかない労働力という商品を売るしかない人間に、「必要なときだけ雇ってやる。仕事のない日は自分で他を当たってくれ。仕事が見つけられないのは自分の甲斐性がないからだ。しょうがないじゃないか。」こうした主張を当たり前の世の中にするのかどうかが問われています。
 
 年越し派遣村に象徴的に現れたように、突然路頭に放り出され、命が危険にさらされることを見聞きしてきたものとして、譲れない一線であったはずです。それを、魂を抜いて、自民党・公明党が認めるような内容にするなんて。改正する意味がない!
 
 「国民の生活が第一」の精神はどこに行った?!!

新聞記事
[PR]
by maichanx | 2011-11-20 05:00 | 労働
官製ワーキング・プアを放置できない
社民党の仲間であります三木秀樹三豊市議会議員から
臨時職員の処遇改善に向けた三豊市議会での取り組みのニュースをいただきました。
e0152208_15375057.jpg

e0152208_159496.jpg


続きを読む
[PR]
by maichanx | 2011-11-10 15:31 | 労働