香川県議会議員「まいだ晴彦」から配信
maichanx.exblog.jp

まいだ晴彦が活動報告と思いを配信します
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
検索
まいだ晴彦のツイッター
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:エネルギー政策( 13 )
脱原発に挑戦する東京世田谷区「せたがやソーラーサンサン事業」
東京の世田谷では、
区の外郭団体である「世田谷サービス公社」が、
太陽光発電システムメーカーと販売代理店契約を締結、
1戸建て住宅を対象に、
太陽光発電システムを安価で提供する仕組みを作って脚光を浴びている。
低利のローンを組んでもらって太陽光発電設備を設置しやすくし、
そのローンの返済は、
節電効果と余剰電力を売って得られる収入でラクラク返済していけるというもの。
モデルケースで、10年間で初期投資額を回収できるという。


3.4kwのシステム(122.5万円(※市場価格200万円))の設置例)

国補助金 11.9万円
都      34万円
初期費用 76.6万円
ローン利子 6.5万円
このケースでは、個人が負担する額は計83.1万円になる。
この借金を
節電効果年間3.3万円+売電8.8万円=12.1万円(年)

83.1万円÷12.1万円=6.87(年)

7年で初期費用は回収できることになる。
こんな制度があれば、まちがいなく太陽光発電は進む。

全国展開できるじゃないか!
[PR]
by maichanx | 2012-11-10 00:45 | エネルギー政策
国民に聞くようなことではないってどういうこと?!
自由民主党総裁選挙で地方の支持を受けた石破幹事長が、
9月30日に行われた各党代表によるテレビの討論番組で、
「民主党が行った、原発に対する国民からの意見聴取会など、実施する必要はなかった。
将来における原発政策は政治家と官僚が決めるべきことである。」
語っていたそうです。

私は、そこは見逃したのですが、

領土問題のところでも
「尖閣諸島問題について、日中の両国間に「棚上げ」にしておこうという合意があったなどというのはデタラメ。断じてない」
と言い切った。
でも、
ちょうど日中国交回復40周年にあたるその日には、
多くの特集番組が組まれ、
当時の外交官が登場して、
確かに日中間でこの問題は「触れない」としてきたことを証言していた。
自分の党の先輩が命がけでやってきたことすら否定する主張。

みなさんはこの主張、どう思います?

国民が主権者として今後の国の姿について
何を望むか
意見を聴くなとは
「素人に言ったってどうせまともな判断できないんだから
すっ込んでろ」
ってことでしょ。

私は、
国民が今後の国の将来について
主権者として自らの決定に責任を持つ意識を深めていくためにも
国民的な議論は必要だと思う。
それじゃなきゃ、国民主権じゃないじゃない!

みなさんはどう思いますか?
[PR]
by maichanx | 2012-10-12 16:46 | エネルギー政策
「何の音沙汰もないんです」
各地の夏祭りも終わりに近づいている。

ある夏祭りで子どもを抱いた浴衣姿の女性に声をかけられた。

「私、原発再稼働が不安で不安で、
国に一生懸命自分の思いを込めてパブリックコメントを送ったんです。
なのに国からは何の音沙汰もないんです。
私たちの声を本気で聞こうとしているとは到底思えないんです。
どうしたらいいですか?
香川で選出されている国会議員で本気で私たちの声を代弁してくれる人っているんですか?」


私は返答に困りました。
香川選出の国会議員でこの真剣な思いを受け止める受け皿がないからです。

彼女、
「お母さん仲間といつも言ってるんです。
受け皿になってくれる政治家がいたら、
私たち力いっぱい応援しますから、
まいださんもフェイスブックやツイッターで精力的に発信してください。」

受け皿になる!!
[PR]
by maichanx | 2012-08-30 01:08 | エネルギー政策
ミスリードしちゃいけない!!
高松での原発比率意見聴取会、
新聞記事を読んでの分析ですが、
将来の原発比率について意見を述べた12人のうち
原発をずっと残すべきだという意見は一人だけでした。
政府の示した3つの案、2030年にゼロ、15%、20~25%とそれ以外に分かれましたが、
新聞が伝える主張の中身をみると、
ゼロと考えていない人も、ただ2030年には難しいと考えているだけ
だから、
みんなの意見は脱原発で一致しているんです。
でも3つの選択肢はみんなの考えの受け皿になっていません。
私がどうしても理解できないのは、
2030年にゼロが可能だから案として示しているんでしょ!ちがいます?
なのに何で2案3案が必要なのでしょうか?さっぱりわかりません!
百歩譲って、進め方に差をつけましょうというのなら
そういう提案の仕方をすべきです。
そして
2案・3案なら、いつの時点でゼロを考えてるのか、それとも考えていないのか
この点をはっきり示すべきです。
そうじゃないと、
この提案の仕方じゃ、
原発の温存を願っている人も、脱原発を願っているが2030年にはちょっと無理かなと考えている人も同じ選択肢を選ぶことになってしまうじゃありませんか。
これじゃ民意を正確に集約することになりません。

問題は脱原発に向かうかどうかです。

この論点をはぐらかす悪賢い提案のように思えてならないのですが、
みなさんはどうお感じになっていますか?

このやり方を見て、
「東大話法」という本を書かれた東大の先生の主張を思い出しました。
常に都合の悪い事態に陥ったときのために
言い逃れができるように逃げ道を残しておく、
「そんなこと言ってない、それはこう言うことですよ」と。

子や孫に本当にツケを残さないために、
『脱原発』をこの国の方針として刻もうではありませんか。

あらためて言います。
結局、12人中11人が脱原発ってことでしょ!
主張をちゃんと聞いて正しいとりまとめをしましょうよ!!

[PR]
by maichanx | 2012-08-21 06:04 | エネルギー政策
ストレステストを「良」とした面々
3月23日金曜日、
関西電力から提出をされていた
大飯原発3号機・4号機の再稼働の前提となる安全評価(ストレステスト)の
「一次評価」を
原子力安全委員会は「問題なし」としました。


一方で、
委員長の斑目委員長は
「(福島の事故を受け)緊急安全対策などで原発の安全性はそれなりに高まっていることは認めるが、
総合的な評価としては不十分だ。
今後、2次評価を速やかに実施してほしい。」
と語りました。

「不十分」なら「問題なし」にしたらいかんでしょ。
どういう思考回路をしているのかさっぱりわかりません。

そのうえ、
「再稼働を判断するのは政府だ」
とも語っています。

この期に及んで責任転嫁ですか!
あんたらは、安全の番人、命をかけて国民の命を守るのがあなたたちの仕事ではないのか。
そのために、高い報酬を受けているのではないのか。

国民の命よりも経済を優先させた面々の名をよく覚えておこう。

委員の面々
班目 春樹 (専門:流体・熱工学)
1972. 3.東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1990.11.東京大学工学部教授
1995. 4.東京大学大学院工学系研究科教授
2010. 4.原子力安全委員会委員(常勤)

久木田 豊 (専門:原子力熱工学)
1975. 3.東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
1990. 4.日本原子力研究所東海研究所安全性試験研究センター
原子炉安全工学部熱水力安全研究室長
1996.10.名古屋大学大学院工学研究科教授
2009. 4.原子力安全委員会委員(常勤)

久住 静代 (専門:放射線影響学)
1972. 3.広島大学医学部医学科卒業
1988. 5.日米共同研究機関・放射線影響研究所臨床研究部副部長
1989. 4.広島大学原爆放射能医学研究所非常勤講師
1996. 4.(財)放射線影響協会放射線疫学調査センター審議役
2004. 4.原子力安全委員会委員(常勤)

小山田 修 (専門:原子炉構造工学)
1970. 3.東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
2002. 4.(株)日立製作所技師長
2005.10.(独)日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門長
2007.10.(独)日本原子力研究開発機構原子力科学研究所所長
2009. 4.原子力安全委員会委員(常勤)

代谷 誠治 (専門:原子炉物理・原子炉工学)
1974. 3.京都大学大学院工学研究科博士課程単位取得退学
1996. 4.京都大学原子炉実験所教授
京都大学大学院エネルギー科学研究科教授(兼任)
2003. 4.京都大学原子炉実験所長
2010. 4.原子力安全委員会委員(常勤)
[PR]
by maichanx | 2012-03-25 00:00 | エネルギー政策
12.18さよなら原発アクション近づく
広がる”さようなら原発”の輪

さようなら原発アクション イン香川
 俳優 山本太郎さんを迎えて 脱原発を求める人々が高松三越前で訴える
   と き  12月18日(日)午前11時頃
 
 三越前が熱くなる


人々が抱いた純粋な思いも

いつの間にか

大きな力の前に
 
アキラメ、無関心、疑わない、依存、思考停止、刹那、目先の利害、忘却、遠慮、他人事

でも今、みんな


自分の取ってきた態度に悔恨の情を抱きながら

自分に向き合い

すこしずつ    すこしずつ   すこしずつ  すこしずつ すこしずつ

勇気を出して

署名の列に加わっています、

ジュリーこと沢田研二さんが 高村薫さんが 赤川二郎さんが 竹下景子さんが 吉永小百合さんが。

みんな少しずつ変わろうとしています

じゅんじゅんとつながっていってます

このひとり一人の

変わろうとする力が変える力になるのではないでしょうか?!

できるできないじゃなく、やるかやらないかの問題です。
[PR]
by maichanx | 2011-12-14 05:30 | エネルギー政策
伊方再稼働の是非についての市町の意見
四国新聞が11月14日、
伊方原発の再稼働問題について、
各市町にアンケート調査を行ったとして
結果を報道している。

大半が「賛成」という結果だと伝えているが、

誰が、どれだけの情報を素にして答えたのか?
現状認識について、どれだけ共通の認識にあるのかわからないまま(そのほうが好都合なのかもわからないが)考えを聞くという乱暴さ。

こうした態度でどうして、将来にわたるエネルギー政策について
国民的な議論をしようと呼びかけができるというのだろうか。

"社会の木鐸”としての責任感を持って報道してほしい。

新聞記事は以下
[PR]
by maichanx | 2011-11-22 16:46 | エネルギー政策
衝撃の告白 真相究明を
レスキュー隊員内部被爆で死亡

「10月26日に私の大阪の友達が亡くなったのですけれども、
災害派遣で、レスキューで、岩手とか福島とか、
ずっと行っていた方なのですけれども、
7月に内部被曝だということが分かって、
チームの人はみんな内部被曝していたのですけれども、
それでも派遣の出動命令が止まなくて、
レスキューの人たちって、過酷な訓練を受けて、
人よりも何倍も、人のために何かをしたいと思ってなった人なので、
自分たちが被曝していても行ったのですけれども、
結局、本当に体の体調が悪くて、もうこれ以上無理と分かって、
チームの人たち、みんな辞職してしまったのですけれども、
そのときも上の方からは非国民扱いされて、辞めたのですけれども、
7月にそのことが分かってから、本当に3ヶ月ちょっとで、
何度も吐血して、最後には腎不全で亡くなった…」

札幌で行われた集会の中で
小学生のお子さんをお持ちの女性が衝撃の発言。

真実だとは思いますが、彼女からしっかり情報を聞いて
真偽を明らかにして、世間に明らかにすべきことだ。


[PR]
by maichanx | 2011-11-21 06:00 | エネルギー政策
福島集団疎開訴訟に注目しています
福島郡山市の小中学生14名が郡山市を相手に集団疎開を求める裁判を起こしています。
3月の事故から8月末までの放射能の積算値が
7.8~17.2ミリシーベルト
に達するような環境で教育を受けており、
チェルノブイリ事故の際の強制移住地域に該当が2校、移住権がある地域に該当が4校
だそうです。
判決は目前だそうです。
ぜひ注目してください。
ヤマモト太郎さんも支援しています。


[PR]
by maichanx | 2011-11-19 21:00 | エネルギー政策
山本太郎 vs.福島みずほ 対談
12月に来香する山本太郎さんと社民党党首の対談
聞いてみてください。


[PR]
by maichanx | 2011-11-18 16:40 | エネルギー政策