香川県議会議員「まいだ晴彦」から配信
maichanx.exblog.jp

まいだ晴彦が活動報告と思いを配信します
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
検索
まいだ晴彦のツイッター
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
残された135枚の戦争ポスター まいちゃん通信247号

長野県の阿智村に
戦時中に貼られていた戦争ポスターが残されていた。
他ではなかなか、お目にかかれないモノだそうだ。
それはなぜか?
降伏からわずか6日後の1945年8月21日に、
当時の政府がGHQの検閲を恐れ慌てて焼却命令を出したから、
全国的に残っていない。

人々を戦争へと駆り立てた証拠を隠滅したってわけだ。
当時の阿智村の村長さんが蔵の梁の上に隠してポスターを残していた。
e0152208_14511411.jpg
e0152208_14514256.jpg
e0152208_145266.jpg

国の命令に背いてまでポスターを残した村長の思いとは何だったのか。

村長さんは、多くの若者を戦地へと送り出し、その多くが帰らぬ人となった。
ご自身も長男が中国で戦死し、次男も戦地で重い病気を患って帰郷後に亡くしている。
その口惜しい思いが日記につづられていた。

「公的には実に死所(死に場所)を得たしだい。
だが骨肉の情は耐えられない。
もっと大切にしてやればよかった」
「再び取り返しのつかない体にしてしまった。惜しいことをした」と。


戦争から戻った残された三男にだけこのポスターのありかを伝えていた。
このポスターの存在を世に明らかにした三男は
「これを見て反省というか、戦争は二度としちゃいかんということを言いたかったと思う」
とテレビの前でしみじみと語っておられた。

さて、私たちの『二度と戦争しない』という決意は?
[PR]
by maichanx | 2012-10-15 14:53 | まいちゃん通信